豊橋市の文化や歴史を調べるなら『豊橋百科事典』が便利過ぎない程度に便利

豊橋市の文化や歴史を調べるなら『豊橋百科事典』が便利過ぎない程度に便利

豊橋百科事典

とよはしっこ
学校で豊橋について調べ学習しとるだけど、ググっても出てこん!

という小中学生の皆さんや、

ママ
子どもに豊橋のこと聞かれたけど、全然わからんかった…

という保護者の方に朗報なのですが、豊橋市の文化や歴史を調べるなら豊橋百科事典』が便利過ぎない程度に便利なのです。

画像元: 豊川堂

スポンサーリンク

『豊橋百科事典』とは?

『豊橋百科事典』は、豊橋市制100周年のときに出版された事典で、豊橋市の文化や歴史などが掲載されています。

なんと全842ページで、3,115項目掲載という超絶怒涛の大ボリューム!

市役所や中央図書館などで販売されているのですが、お値段も1冊2,000円(税込)というなかなかのもの。

とよはしっこ
ボク、おこづかい月300円なんだけど…

というそこのキミ!諦めるのはまだ早いぞ♡

パソコンやスマホなら無料で読めるよ

2017年から電子書籍化して、無料で読むことができるのです!ありがたし!

『豊橋百科事典』電子版

しかしながら開いてみると分かるのですが、これがなかなかの不便さなのです。

画像として保存されているので、コピペや検索などは一切できません。

恐らくこれは「せっかく調べるならコピペで終わらせずに、じっくり読んでね♡」という、電子化してくれた人の愛情ですね。たぶん。

色々ページをめくっているうちに、新たな発見もありそうですしね。

2,000円もする事典を無料公開してくれてるなんて、かなりありがたいですね。

豊橋市について深く学んでみたい、あなたや私におすすめですよー!

(情報をくださったHKさん、ありがとうございました!)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする