【豊橋⇔名古屋】往復切符はJRと名鉄どちらがお得?

【豊橋⇔名古屋】往復切符はJRと名鉄どちらがお得?

JR名古屋駅のホーム

豊橋から名古屋へ電車で行くときにお得な往復切符。

JRでは『名古屋往復きっぷ』(名古屋方面から利用の場合は『豊橋往復きっぷ』)、名鉄は『なごや特割2』を販売していて、いつもどちらの方がお得なのか迷うんですよね。

「少しでも安く、気軽に名古屋へ行きたい!」という方向けに、双方のお得度やメリットなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

平日or土休日で比較

JR、名鉄ともに、平日と土休日で往復切符の価格が異なります。

まずは平日の金額を比較してみたいと思います。

平日⇒ 名鉄の方がお得

  • JR『名古屋往復きっぷ』⇒ 1,860円 (1枚あたり930円)
  • 名鉄『なごや特割2 平日』⇒ 1,740円 (1枚あたり870円)

名鉄『なごや特割2 平日』の方が120円お得ですね。意外と差があります。

土休日⇒ 価格は同じだけど…

土休日は、JR『名古屋往復きっぷ』も名鉄『なごや特割2 土休日』も同じで、1,540円 (1枚あたり770円)です。どちらも随分安いんですね!

値段が一緒なら、JRの方が駅からすぐに街へ出ることができて便利な気がします。

名鉄は翌月1日まで有効

ただ、注目すべきは往復切符の有効期限

JRの有効期限は発売当日限りですが、名鉄は発売月の翌月1日まで有効なのです。

名鉄の豊橋名古屋往復きっぷ

【2016年6月購入】

例えば、土曜に名古屋へ遊びに行って、一泊して日曜に帰ってくるということもできます(土休日切符なので平日は使えませんが)。

ちなみに私はJRの往復切符で名古屋へ遊びに行き、終電を逃して復路分の切符を無駄にしてしまったことがあります。シクシク。

飲み会などで終電を逃してしまう可能性がある場合は、名鉄の方が安心です。

スポンサーリンク

JRの方がお得&便利な場合も!

JRは『名古屋市内』まで有効

名鉄は『豊橋⇔金山・名古屋』限定ですが、JRは『名古屋市内』まで有効なので、ナゴヤドーム(大曽根駅)などへ行くときはJRの方がお得だったりもします。

豊橋方面に帰るときは、豊川駅二川駅まで利用できるのも嬉しいですね!

新幹線変更券もあり

JRでは新幹線変更券も販売されており、片道平日510円、土休日390円をプラスすれば新幹線も利用することができます。

往復で利用する場合は、『新幹線名古屋往復きっぷ』(名古屋方面から利用の場合は『新幹線豊橋往復きっぷ』)と同額となります。

往復切符まとめ

価格

  • 平日…名鉄の方が120円お得
  • 土休日…同価格

メリット

  • 名鉄…発売月の翌月1日まで有効
  • JR…『豊橋~豊川・二川⇔名古屋市内』で利用可、新幹線変更券もあり

比較してみましたが、JRも名鉄も随分お得でありがたいですよね。

せっかくこんなに素晴らしいサービスを提供してくれているのですから、どんどん活用して気軽に名古屋を楽しみたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする